| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
革命芸術家 エモリー・ダグラス

 こんにちは

今日はエモリー・ダグラスというデザイナーを紹介したいです

このデザイナーを知ったのは

本屋でこの本がパッと眼に止まったのがきっかけ



ブラックパンサー党は映画などで耳にした事のある団体名で興味はあった

この表紙を見た瞬間に、この本は間違いないと思った

結構な値段だったけど即買い、この本は買ってよかった






アメリカと世界における革命運動の英雄の神々の中でも、
1965年 マルコム・X暗殺後に結成された自警団ブラックパンサー党は、
20世紀後半の諸運動のなかでも、もっとも激しい議論を呼び、
強烈な衝撃をもたらした団体である。

アフリカ系アメリカ人コミュニティの不満によって生まれたこの党は、
アフリカ系アメリカ人に対する体系的で制度化された従属情況の終結を目指して
大胆不敵な叛逆の叫びをあげた。

エモリー・ダグラスは弱冠22歳で、ブラックパンサー党の共同創始者と出会った。

サンフランシスコのシティー・カレッジで商業アートを学んでいたダグラスは、
自分がデザインや全体の仕上がりをもっとよくできるという自信があった。

情報を広く知らしめ、党の思想を視覚的に正しく伝える必要性を理解し、
機関紙が党の目的達成のための重要な手段となる、という信念を共有していた。

その日、ダグラスは入党し、後に革命芸術家、また文化相として
党で最も成功を収め、多大な影響を与えることになる出版事業の一旦を担った。

彼の描く絵は、警察による嫌がらせや貧困や劣悪な生活環境によって
荒廃したコミュニティに向けて、強い説得力を持って語りかけた。

ダグラスの絵は党にとって理想的なポスターとなり、
機関紙が発行されていた時期、近隣のビルやビルボード、電柱など
いたるところに貼られていた。

(文章は本より抜擢)



"All Power To the People" 「すべての権力を人民に」

このスローガンをよく使ったらしい

"Each One Teach One" 「教えあおう」
"Revolution in Our Time" 「我々の時代に革命を」 など




根こそぎ刈り取る



権力どもが甘い汁を吸いにたかっている風刺画



男も女も力強い眼差しで、どんな圧力にも屈しない強い意志が絵にこもっている。

絵を通しコミュニティへパワーを伝えようとするダグラスのパワー

すごく感じます。。。



デモに参加し逮捕されるダグラス

バンに向かう姿にはデモに参加した事への誇りが満ちていた。



マルコム・Xの肖像



集会のチラシ

この本には約200点の機関紙のデザインやイラストが掲載されている。

本当にいい本でちょっと宝物w

すごく濃い内容で、まだまだカッコいい絵やデザインが沢山載っている。



1500部数限定で一冊いっさつにロットナンバーがうってある

イケてんな~w



表紙カバーの内面まで印刷されていてマジカッケー!!

すげーこだわり。。


そして今夜5/4は

WONDER×WONDER

GUESTにMUROさんを迎えて皆で最高な夜にしましょう!!



実はこのデザイン

ブラックパンサー党の機関紙のデザインをかなり参考に作ってる

今夜はイベント会場にてこれまでに作ってきた

この他のデザインのポスターの展示会も行う予定です。

そして明日は

STREET INDIGO

GUESTはXKHALIVAS



東京、神奈川からの友人達も小倉に遊びにくるので楽しみです。

LIVE PAINT良い作品が出来上がるといいな。。。

では今夜会う皆さんよろしくです

パーティ楽しみましょうw

会えない皆さんも良いGWを






13:38 - comments(0)
comment

message :