| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
ネパール紀行 5月26日  カトマンズ 


おつかれさまです

深夜1時過ぎにカトマンズに到着

それから3時間程眠り

朝5時から国内便の空港へ出発



国内便の空港前

すでに多くの人が並んでいる

ネパールの朝は早い





外国からのトレッカーや登山者も多く見かけます

セキュリティーから荷物検査と身体検査を受け空港の待合室に向かいます



多分、荷物の預かり所

山の麓に物資を届けたりしている模様

僕達も沢山の食料と水などを預けた







空港での待ち時間は長い

ルクラ空港は天候次第でフライトしない事もざらにあるらしい

危険だから。。。

実はルクラ空港。。。

世界で最も危険な空港 第1位なのである。。

出発前に色々と下調べをしている時にこの動画をみてしまった

http://www.youtube.com/watch?v=7sOlzgs_Qgc

この動画を見た時、思わず笑いがでた

この旅で命を落とすとしたらここかも知れないと思った。。。

事実、事故も多いようだ

出発前、母の行き着けの占い師に事故やトラブルに会うと予知され。。

母ちゃんは旅を猛反対

悔しかったので

個人的に別の占い師の処に行ってみたところ

おおかた同じような事を言われた


悪い冗談はやめて下さい。。。


とりあえず、この空港に行く事は母ちゃんには絶対に言えねぇ

黙って出発

内心ドキドキしながら飛行時間を待っていた。。

この旅の山場だ



空港内の隅にあるネットカフェ?

横にチャイを売っている小さな売店がある

日本語文字に何とか設定してもらいFacebookをここで更新

最後の更新かも。。。

どうやらルクラ空港の天候はあまり良くない模様だ

昼の12時になっても天候が回復しない時はその日のフライトはないらしい

刻々と時間が過ぎていく



昨夜の疲れで眠る二人

朝5時からもう5時間ぐらいは待っている



お腹がすいたので二階にあるレストランで昼食

水牛のヌードル

味はチャンポンとコンソメスープを合わせたような味で美味しかった

全然イケます!!



こちらはチキンヌードル



結局この日は天候が回復せずルクラ空港へのフライトは中止になった。。

また明日の朝5時からフライトを待つことにした

今日は午後からカトマンズを観光する事になった



空港の駐車場

多くのタクシードライバーがお客を待っている



たぶんバスと思う



若い女の子もこんな感じのタクシーで登場する



空港からカトマンズへ向かう間、露店が沢山ならんでいる

ガードレールにTシャツがかけられている。。。





ネパールに横断歩道はほぼ無い

走っている車の中を歩きながら横断する

日本のお年寄りでは一日中渡れないと思う



牛も道路で休んでおります

ヒンズー教徒にとって牛は神聖な神様の使い



タクシーからぞろぞろと人が出てきます

カトマンズの街はゴミゴミしていて砂埃と臭いが凄い

空気に敏感な人はマスクが必要

潔癖な人は来たことを後悔するでしょう



ネパールの人達は子供も大人も仲がとても良い

人懐っこい感じがする



みんな全然抵抗なくカメラに写ってくれる



みんなとてもかわいい



肩まで組んでくれてポリスマンもとても良い人達でした



街中、野良犬はいたるところにいる

何故かみんな寝ているかダルそうにしている



お店が立ち並ぶ街の中心部へ向かう



こういった光景も多くめにする

これはまだ普通の方

考えた上、

僕の見たリアルなネパールを伝えるためにアップさせて頂きます

何がどうしてっ!?.....って

もう言葉に出来ない光景もここには沢山あります



カトマンズの街の入り口



女性達が買い物をしています



洋服や靴のお店がズッーと立ち並んでいる



道の真ん中で死んだように寝ている野良犬

この後自転車に轢かれて目を覚ます



街のいたるところに神様が祭られていて

通りすがりに祈りを捧げている

これはヒンズー教の神様らしい

ここでは全てがあるがままで生々しいく強烈だ



街の中はだいたいこんな感じです

この人ごみの中をバイクや軽のタクシーが走り抜けていく

常にクラクションが鳴り響いていてチョット疲れる



小腹がすいたらおやつはスイカ

よくみんな食べてる



魚たち、よく見ると周りには虫がいっぱい飛び回っていた



僕達と似たような外国からの旅行者、でも割りと少ない



仏像やらのお土産屋もたくさんある



夢中になっていてカメラを向けている事にも気付かない



多分、映画のDVDなのかな?



こういったゴミもたくさん放置されている

生ゴミも混ざっている

この側を通る時は思わず息を止めてしまう



高所の作業での足場は竹にひもをくくりつけて行われる



ネパールの餃子でモモという

これも割りと食べ易い



コーラや飲み物はほとんどがぬるい。。

たぶん停電のせいだと思う

ネパールという国では停電は当たり前

一日に何度も起こる

長いときで15時間以上にも及ぶとの事

夜にシャワーを浴びていたら

ドン!!っといきなり真っ暗になったりする

イギリス、フランス、アメリカのシカゴ

デンマーク、スウェーデン、フィンランドと文明圏の国は少し観た事はあるけど

ネパールの首都カトマンズ

ガイド本だけでは絶対に伝わらない強烈な街

普通の旅行に飽きた方にはぜひ一度行って観ることをお勧めします

ナビンさんが帰った後

二人で夜のカトマンズを散策する事にした

カトマンズの飲み屋はどんなんだろう

ドキドキしながら夜の雑路の中に入っていった

日本などと比較すれば全然明るくない夜の街

選ぶほどお店はない

少し大きなネオン看板がでている

「ヘイ!フレンド!」と数人の客引きが話かけてくる

アルゼンチンのサッカージャージを着ている若い男

「とりあえず店の中を見てみろ」

「写真もとっていいぞ」と言っている

とりあえず入ってみるかと

言われるままに店に入って行く

入ってすぐにドーンと大きなステージがある

隅には小さなDJブース

少し洋楽もかかるけど、ほとんどがアジアンなクラブミュージック



ステージでは若い男のダンサーが数人で仏教的なブレイクダンスを踊っている

女の子もアジアン的なセクシーダンスを楽しそうに踊っている

面白い

あちらでは、たぶんインド人のお金持ちがソファーでワイワイやってる

白人の観光客も少しいる

たぶん外人相手の高級クラブみたいな感じで

現地の人は遊べない

とりあえずお酒を注文しステージの前のソファーに座る

日本の女の子と言う事で愛ちゃんの周りには沢山の女の子が興味深々に集まってくる



この写真うける〜

最初は少し警戒してたけど

すぐに打ち解けた

みんな気さくでいい人達だった

愛ちゃんは皆に気に入られていた



男性はオーナーのラムさん

この店はとてもにぎやかでいい感じのお店だった

Facebookをやってるって言っていたな

見つかるかな。。。



一番奥に座っている彼

この夜、いろいろと世話になった

眼を見たとき何かは解らないけど何かあるヤツだってのは解った

少し悲しげで何かオーラのある不思議なヤツだった

人物として今でも印象に残ってる

自分も自分の彼女も仏教徒だと言ってたな

悪いヤツじゃなかった

二杯ほど飲むとだいぶ酔ってきた

愛ちゃんも踊りだし

ステージの上で踊ろうと言い出したり

みんなメチャ楽しんでたし自分もメチャ楽しかった

その光景を眺めながら俺は一つの悟りを開いた

人生は楽しむものだと。。。


なんて事言ってみたくもなる

ひとりほろ酔いのインド人かネパール人の爺さんがフロアの中をフラフラしていた

身なりは普通の麻のズボンに麻のシャツ

ビニール傘を肩にかけている

その傘の先に小さなスーパーの袋を引っ掛けていて

その中身は全てお札が詰まっていた

ステージに腰掛け

踊り子に向けそのお札をワシつかんでステージの上へ振り撒いている

何者!!??

こんなヤツ初めてみた

スゲー爺さまがネパールにもいたもんだ

結局、深夜1時ぐらいまで遊んでタクシーでホテルに帰った

バタンキューで眠りにつく

そしてまた朝の5時から再び空港に向かう

この夜は本当にいい思い出になった

また行きたい

地元に富安という飲み友達がいる

そいつをここに連れてきたいと心から思った



つづく












































































04:42 - comments(0)
comment

message :