| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
ネパール紀行 バクタブル

翌朝ナガルコットを出発



兄弟か何かな?

何か不思議なんだよね



働く女性



ここはバス停



ナガルコットの入口



バスに乗って町へ、屋根の上にも人が乗っていく



やぎちゃんも乗せられていく

メェ〜



ほんとワイルドな国やな〜



さらばナガルコットいつかまた。。。

いい時間をありがとう

ネパール観光

今日はバクタブルという文化遺産の町で一泊することにした



山を下り数時間



バクタブルに到着

この町に入るには入場料がかかる

バクタブルの町は世界遺産に指定されている

カトマンズを東京とすならば、バクタブルは京都

その昔ネパールの国王が住んでいた町でネパールの古き良きたたずまいが残る

映画「リトル・ブッダ」の撮影が行われた事でも知られる





カメラを向けると笑顔でポーズをとってくれた



古い寺院があちらこちらに





こういった趣のある建物が多くある



店番をする青年



ここでも多くのお土産やさんが立ち並ぶ



うおっ!!!






タンカという仏教やヒンズー教と深い係わりのあるネパールのアートを学ぶ学校



多くの学生さん達が絵を描いている。

何かドキドキしてきた。。。

興奮する!!!



いや〜ネパール凄いわ。。。

仏の世界

ぶっ飛んでるわ!!!!

自分がネパールに来た重要な目的の一つ

仏画や曼荼羅を描く絵師の仕事をこの目で見る!!

そして本物の曼荼羅を買って帰る!!



この彼はメチャメチャ熱いヤツだった

英語で30分ぐらい丁寧に曼荼羅の説明をしてくれた

パワーの有る眼力を持ってた

彼の情熱と一生懸命さに感動して

こういった人が仏様の絵を描くべきだなと思った

思わず小さいの2枚も買ってしまった

もっと英語が解ればな〜と悔しかった



「ジャパニーズスタイル」と言ってみせてくれた

色使いも和で良い作品



彼の仕事道具を見せてもらう

水牛の毛で出来ているそうだ



色の着いた岩を砕いたものと言っていたような。。。



バクタブルでは、いたる所にショップ兼工房が有り、若い作家さん達から

老人の絵師まで朝から晩までこうしてずっと絵を描いている光景が町中にたくさん在る



すげー!!!!!

ついに生で見る事ができて感動!!!!

ネパール来てよかった!!!



ナビンさんの友人がやっているお店で曼荼羅を見せてもらった

すごい量の作品達がある

学生さん達の作品から本物の芸術作品まで

値段はピンきりだが、良く目を凝らし細かな所を視れば本物の芸術品は一目で解る

別格のオーラがあるし、値段も別格である。。



ヨーロッパなどからのお客が多いとの事



商売繁盛と芸術の神様、ガネーシャはやはり人気があるらしい



沢山の作品を見せてもらった

かなりインパクトがあり気に入った作品があったが高い!!

値段交渉をするが中々折り合いがつかずに断念。。。

くそー!!!!



とりあえず今日のホテルへむかう



ホテルのロビー



やっぱりカトマンズのようにゴチャゴチャした雰囲気とは違う

少しゆっくりとした穏やかな所



ダルバール広場というメインの広場が見渡せる良い部屋で

のんびりと窓から人々を眺めなる事ができる

ナビンさんは本当に良い部屋を選んでくれるガイドのプロフェッショナル

ちょっと休憩してお昼にでる



とてもいい感じのお店だ



ここは観光客のお客さんが多かった



チキンのご飯とピザとスパゲッティ

味はこれも結構いけた



ここで叔父さんと連絡

叔父さんたちもルクラからこちらまで飛行機が飛ばず立ち往生しているとの事

このままフライトしなければヘリコプターでカトマンズまで帰ってくるそうだ

叔父さんから「大丈夫か?」との言葉に「全然旅を楽しんでるよ」と愛ちゃん



撮って撮って!!と二人の女の子が近寄ってきた



ハイチーズ!!



撮り終わったあと「ルピー!!ルピー!!」と言われ

あげると「ダンネバー」=「ありがとう」と言って去ってった

これがこの子達の仕事なんだなと。。

やるねーww



愛ちゃんの買い物についていく



化粧品などを扱っているお店



急に何か始まった、何ていうのか解らないけど、見たことある

ネパールやインドの女性のオシャレ

お金はいらないって言ってスラスラと五分ぐらいで描いていく



乾かして洗うと模様が残っている

約2週間程で落ちるらしい



ダンネバー(ありがとー)







従兄妹の愛ちゃんと記念撮影

このネパール行きをさそってくれたのは愛ちゃん

従兄妹同士そう会う事も多く無かったけど不思議な縁で共にネパールまで。。

さそってくれてありがとう


この後それぞれ自由行動



もう一度、絵を見にナビンさんの友人の店に一人で足を運ぶ



とても親切な方で、仏像や絵の質の良い作品の見分け方を教えてくれた

ルーペを使って絵の細部と物語を説明してくれる

だがやはり値段交渉は折り合わず再び断念。。。

その時作家さん達の暮らしの話を色々と聞かせてくれた

店を出た後、町をフラフラしながら考えていた

その欲しい作品は自分が見ても飛びきり別格の上等品

しかもその作家さんは、もうご老人で筆を置いて引退したそうだ

この絵が売れる事で引退したその作家さんの下に代金を届ける。。

そのお金です。と話していたのを思い出した

必要以上にディスカウントをお願いしていたかも。。

大量生産の叩き売りじゃないし、多くの時間を費やした絵師の魂がこもったもの。。

自分も下手クソながら絵を描いて売る人間のはしくれ。。。

何だか恥な事に気がついた。。


反省。。。


曼荼羅を買って帰る!!

昔から本物の曼荼羅が欲しいと思っていたし、この旅の大きな目的の一つ

ネパールへの記念と自己投資だ!!!


決めた!!


あの絵を売ってもらおう!!

ドカーン!!!と使うのは楽しい

会社にも一枚買って帰ることにした

出した分だけ価値も大きい



これがその絵「輪廻転生」

難しくて詳しくは解らないけど

人が死んでから生まれ変わるまでの物語が描かれている

中心を取り巻く絵は六道(ろくどう)といって

天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道を描いている

老人が描いたとは思えないほど現代的な色使い

エナジーが湧き出している



クオリティヤバすぎる。。。

宝物やな。。

思わず息を呑む迫力と繊細さ

皆さんにも生で見せたいです!!



金地の部分は本物の金を使用している

輝きが衰える事は無い。。



サインもバッチリ!!

部屋を片付けて額に入れてから飾ろうと思っています

本当に買ってよかった!!



これも良い仏像

町中を歩き回り激撰した

専門学校の先生からの頼まれもの

いゃ〜いい物達をゲットした!!!!!

余韻が心地よい。。。。

ネパール4日目

旅はまだ半分前

旅費はほぼ無くなったww



バクダブルの夕焼けは古都の雰囲気をより漂わせ

どこか異国の違う時代にタイムスリップしたかのような気分になる



飽きずにずっと窓から景色を見てしまう



ホテルの屋上にあるレストラン



ここにきてずっとネパール料理、少し飽きてきたな。。



少しずつ広場から人が減っていく

みんな家に帰っていく

夜風を感じに散歩





いつか世界から戦争がなくなりますように

この日の夜、愛ちゃんと色んな話をした

叔父さんの面白い武勇伝や登山家の家族の話

やっぱり普通の男ではないと思う

爆笑から苦笑いまで色んな話で盛り上がった

ここまで来て今さらだけど

「なんでネパールに行こうと思ったの?」って愛ちゃんに質問してみた

「お父さんにまた会いたかったから」

って愛ちゃんは言ってた

「私がネパールに会いに行くと言ったら、きっとお父さん無理をせずに生きて山を下りてきてくれると思ったから」

とも言っていた



そうやね。。。




あともう少しで叔父さんと再会だ



つづく




CALM - Light Years

http://www.youtube.com/watch?v=UIlkmp1vc3s





















今日は父の日



お父さん


ありがとう



母ちゃんもありがとう










































































15:16 - comments(0)
comment

message :