| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
ネパール紀行 再会
 おつかれさまです

前日の熱からだいぶ回復


いよいよ

今日は叔父さん達とカトマンズで合流の予定だ

連絡があるまでカトマンズの町で待つ

その間、自分の次の目的

オリジナルのワッペンを作る!!

ネパールは刺繍も盛んな国だと聞いた

町に出て刺繍屋さんをさがす



ミシンとカラフルな糸

カトマンズのタメル地区の入口、100m程の間に何件も刺繍屋さんが並ぶ

お店によって出来栄えが違うらしいので何件か試してみる



Tシャツに刺繍をして商品にしている

壁一面に様々なデザインが並ぶ



右はしの男性は刺繍の職人さん

お店のオーナーは感じの良い商売人

値段を話合う

言葉を頭で訳しているのが追いつかないときは、電卓で数値を打つが早い

これが結構面白くて、買い物をするのが楽しくなる





沢山の在庫からお気に入りを探し出す



記念に着てきたSTUSSYに刺繍してもらう事にした



10分ほどで出来上がるとの事



手の感覚とバランスで作りあげていく

上手やな〜



で〜ん!!!

完成〜!!!!

真理を見るブッダの眼!!!

ワッペンは三種類のデザインをそれぞれ違うお店に発注した

明日の昼に出来上がる

楽しみだw



ここで叔父さん達がカトマンズに到着するとの連絡

結局、飛行機が飛ばなかったのでヘリコプターで帰って来る事になったらしい



いよいよだ



空港の待合所

少し緊張する。。



みんな誰かを待っいる



刻々と時間が過ぎてゆく。。。



なかなか来ないな〜

再会の瞬間をとらえるべく

自分はビデオカメラを構えてスタンバイ



ついに再会

登山仲間の木村さんと益田さんとも無事に合流

お二人は目標の5500mのベースキャンプまで行きました

おめでとうございます



みんなでホテルへ向かう



とりあえず旅の大きな目的は果たした

後は皆無事で帰国するだけだ



昼食に日本料理を食べに行く事になった

ここに来て初の日本食

ありがたい

体調を崩してから、急に現地の食事が合わなくなっていた

スパイスの臭いを嗅ぐと食欲がなくなる

憂鬱だ。。。



木村さんのTシャツ

エベレストトレッキングのルートが刺繍されている

いいTシャツ



おおっー!!

ありがたや〜

日本食!!!

はたして味はどうなのか!?



何を食べようか。。。



静かでよい雰囲気だ



ワッペンが気になる。。



久しぶりの日本食にわいわいと会話がはずむ

愛ちゃんも会えて嬉しそうだ

叔父さんは割と静かだった。。



ラーメンデカッ!!



お店の店主

日本人の方です

味もバッチリ日本!!美味しかったです

多くの日本人登山者がくるとの事

登山関係の情報が集まるようだ

僕は天ぷらうどんを食べた

だしの味が腹の底に染み渡る

魂から少しパワーが湧いて来た

SOULFOOD

日本人には日本食!!

食は命とは言う通りだ



木村さんは叔父さんの若い時からの同級生



袖から外の手が黒く焼けている

顔も出発前とは別人のようだ

ひげも生えてかっこいい

木村さんベースキャンプまで到着

おつかれさまでした



歩きながらホテルへと帰る



歩く姿が町に溶け込んでいて全然違和感がない

もう50回以上はネパールに来ているらしい



ナビンさんとこれから帰国までの打合せ



益田さんもベースキャンプまで到着

おつかれさまでした

僕達の旅の段取りをお世話して頂き

ありがとうございました



少しづつ陽が沈みはじめる



Sherpa [シェルパ]というアウトドアメーカーに立ち寄る

寝袋がかっこいい

5500mでは氷の上にテントを張って寝るらしい

氷の上で寝るのが不思議な感覚だったと木村さん



シャツを買って着替える

叔父さんが記念に一枚買ってくれると言ったので

自分も同じものをチョイスした





愛ちゃんはズット叔父さんの側につきっきりだ

うれしいんだろうと思う



エクスチェンジの表

お店によって換金率が違うのでよくみて良い所で換金する事をお勧めします

大きな額を両替するとビックリするくらい変わってくる



お店で奥さんに連絡を入れる

自分も両親に連絡、少し会話をしてお互い安心した

ここからはナビンさんに変わって叔父さんがガイドをしてくれる

明日はポカラという町へ飛行機で向かう

ポカラはネパールの軽井沢



つづく






























13:23 - comments(0)
comment

message :