| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
ネパール紀行 ポカラ

 

カトマンズの朝

ホテルロイヤルシンギ 

この光景にもだいぶ慣れた



一階で朝食をとる



自分はパンケーキとチャイ

こういった物意外は胃が受け付けない。。。

チャイは美味しいので2,3杯飲む



チョット変わった絵



カトマンズの街へ出る

相変わらず凄い異臭



雑路で色んな物を売っている



何でここで寝るんやろ?

ワイルドやな~



祈る場所が街のいたる所にある

ここの人達にとっては、これが当たり前



すごくリアルな表情が撮れた

赤ちゃんの帽子の破れたままの所がネパールらしいw

お気に入りの写真



愛のある光景は世界中どこも同じ

人種や場所も関係ない



どんどん街の奥に入っていく



ヒンズー教のほこら





お土産で頼まれたヒマラヤの岩塩を買う

ピンク色のものは一般的にも見かけることがある

その奥の紫色みたいな方はかなりインパクトのある味だ

ミネラルを多く含む、味は温泉卵のような感じ

最初は皆ビックリする

自分は酒のつまみとして塩をなめている

けっこうイける



魚の干物

ネパールで魚は絶対に食べないとここで誓う



沢山の種類がある

それにしても凄い量だな。。。



豆と香辛料



何かの肉

相変わらず強烈なモノがどんどん目に飛び込んでくる



狭い道路では渋滞も起こる

昨日注文しておいたワッペンを受け取りにいく



おおっ〜!!出来てる!!

なかなか良いです



はさみでカットすれば出来上がり!!



いいね〜www

802FLAVA

XKHALIVAS

描生ARTWORKS

ワッペン出来上がり!!!

テンションあがるっす!!





洗濯をする女性達

髪を洗っている女性もいる





お茶屋さんに立ち寄る

ネパールはお茶の産地としても有名

沢山の種類が並ぶ



チョット一服



お茶を試飲する




昼食に木村さんの好きなナンのお店に行った

自分はスパイスの臭いでほとんど食べれなかった

まだ体調は万全ではない





一度、寝ているタクシーに話かけたら

「今は寝てるから他をさがしてくれ」と言われた

ネパールいいな~



ポカラへ行くため空港へ向かう







インドの女性の民族衣装サリー

着ている服の色もスパイスが効いている

カラフルだ



ポカラへはこの30人乗りぐらいの飛行機でむかう



こんな小さなサイズの飛行機は初だ

大丈夫かな。。



中に入ると本当に小さい

僕のいる席が最後尾



耳栓と飴が配られる

約1時間程のフライトの後



ポカラに到着

ポカラは80年代に入ってもヒッピー達の遊び場だったらしい




大きな湖があるゆっくりとした町だ



菩提樹の樹の下で子供が遊んでいる



今日のホテル 

ホテルステゥパ



自分の部屋から見た景色



何やら畑仕事をしている



静かな田舎でのんびりです

だが以外に治安は良いわけではない様です



今夜は自分はここで一人

リゾート感がある



シャワーもキレイなので良かったです



ポカラの町を散歩



ホテルのすぐ近くにクラブらしきものが

クラブ アジアーナ!? 怪しい...



湖へと向かう





凄く大きな湖が見えてきた



ボートに乗る事に







どんどん陸から離れていく



静かな空気と水のイオンに癒される



泳いでる子がいる



カトマンズ以外の他の町はゆっくりしているのかも知れない



今夜も夕食は日本食

自分は焼き飯を食べた

お腹いっぱいになって病み上がりに癒されました



日がだんだんと沈みだす



牛さん達も家に帰って行くようです



テクテクテク

よそ見ばかりして歩いていると牛のフンに足がはまるので気をつけて下さい

滑ります

サンダルだとヤバイです



アイスクリームを食べながら、テラスからゆっくりと町を眺める

このままずっとここに居たい気分です


すると


テラスの木の影から小、中学生ぐらいの年頃かな?

手を差し伸べて物乞いをしてくる子がいる

いっとき何も気にしないようにしていたけど

ずっーと居る。。。

気になって仕方が無い

ずっとテラスで休んでいる僕達の真ん前で手を差し出したままだ

一人がお金をあげると、今度は僕の方に手を出してきた

あらら。。

さすがに店員さんに追い払われて返っていった



ホテルへ戻る

入り口にはいいお香の香りがしている



いきなり停電で真っ暗になるので、ロウソクを側に置いておく

明日も一泊ポカラで過ごす予定

旅ももう終盤に差し掛かってきた

一日一日を噛み締めたい



では、おやすみなさい




つづく








































02:58 - comments(0)
comment

message :